コースのご紹介

 幼稚園生のための基本コースと卒園後も通える小学生コースがあります。

よみかきなびの基本コースは2つ。
小学校入学前にきれいな文字の書き方や基礎国語力の習得をねらう「よみかきなび」と、数字や数の問題にふれて考え方の幅をつける「よみかきなび+(プラス)」です。
また、卒園してもよみかきなびに通いたいというご要望にお応えして、小学生用の課外授業もご用意しています。
※よみかきなびの授業はすべて週に1回です。

コース 対象 定員
※学年構成や教室の広さで変わります。
時間
(週1回)
内容
よみかきなび 年少児   55分 よみかき
よみかきなび
プラス
年中児・年長児 12人 85分 よみかき・算数の基礎

コース 対象 定員
※学年構成によります。
時間
(週1回)
内容
小学生(しっかり)※1 1〜3年 6〜9人 100分 小学生国語・算数の複合授業
小学生(国語) 1〜3年 6〜9人 55分 小学校授業の予習・復習、年3回「硬筆検定」の受験
小学生(算数) 1〜3年 6〜9人 45分 小学校授業の予習・復習
  • 「小学生(しっかり)」は、「小学生(国語)」と「小学生(算数)」の複合コースです。

対象 年中児・年長児
定員 12人
時間 1週間に1回/85分

よみかきなびは、幼稚園に通う年齢の児童を対象にした、基礎国語のコースです。このコースでは、ひらがなの書き方は勿論、カタカナや数字の書き取り、読み取りをして、日本語の基本を覚えます。

字を書くことが苦手なために勉強が嫌いになる、という子も少なくありません。この時期に基本的な文字の書き方と、きちんとした姿勢・筆記具の持ち方を身につけることで、小学校入学以後に習う字もきれいに書くコツがつかめます。
ひらがなを歌で覚える「なびのうた」や、よみかきなび独自の授業構成により、子どもたちにも分かりやすいかたちで文字の特徴を覚えることができます。

オリジナル編集の絵本の音読では、あえて漢字をそのまま残してルビをふるだけに留めることで、早い時期から漢字とひらがなの入り交じった文章を読めるようになります。これによって、同年齢の子どもたちよりも、読める単語や本の幅が広がり、言葉や物語を楽しいと思う気持ちが芽生えます。

年少時には、ひらがなの基本的な字形・書き順の習得を目指して授業が進みます。よみかきなびに通うことや、与えられた課題をこなすと褒められることに慣れてもらう時期でもあります。

年中時には、各ひらがなのポイントを意識した筆記や、カタカナ・数字を覚える段階に入っていきます。また、使用するオリジナル教材の幅を増やし、語彙や考え方の幅を広げていきます。

年長になると、バランス良く整ったひらがなを書くことが目標になります。カタカナの習得も仕上げ段階に入ります。「ことわざプリント」や「文章プリント」を使った、語彙力・発想力・文章力・表現力を養う問題も導入していきます。


よみかきなびプラスは、よみかきなびの後に行う、年中・年長児童対象の30分間の算数基礎コースです。

まずは数字を覚えることからはじめ、大小比較・たし算、ひき算などの問題で、徐々に数に対する感覚を身につけていきます。
その後、図形や順列、位置、言葉などの多様な問題に繰り返しふれ、記憶力や思考力を高めます。

独自教材を使った九九の習得や、おもちゃのお金を使ったやりとりでお金の概念、同じく時計を使って時間の読み方を身につけるなど、小学校入学前に、必要になる事柄をものにすることができます。

「出来たよプリント」を使う、したことを褒めるなど、成功体験を何度もくりかえすことで、算数がどんどん好きになります。

  • 上記は年少時から入会した場合の目安です。途中入会の場合でも、ひとりの講師が全員のようすや進み具合を見落とさない定員設定にしておりますので、個々人の成長と発達にあった授業を割り振っていきます。
  • お子さまに見合った授業がなされるかのご心配もあるでしょうが、理解や技能習得の個人差に配慮をして進めていきますので、その点はご安心ください。

小学生国語・算数は、よみかきなびに入っていた子どもたちが、小学生になっても通える教室です。よみかきなび卒園生や、その親御さんからたくさんのご要望をいただき、開設いたしました。少人数制はそのままに、学年に応じて授業内容のレベルをあげています。

その他に、硬筆に特化したクラスと小学4年生専用の算数コース、そろばんコースもあります。
いずれも、よみかきなびに使っていた放課後の幼稚園・保育所の教室を使います。

対象 小学1~3年
定員 6〜9人
時間 しっかり:100分/国語:55分/算数:45分

小学1~3年生のための「小学生 国語」「小学生 算数」では、小学校授業の復習を主に行います。
年間カリキュラムが決まっていて、どんどんこなさなければならない学校の授業ではカバーしきれない、子どもたちがよく分からない点を、定員10名の枠を活かして丁寧に教えます。
また、授業内容を先取りして授業にすることで、実際に小学校で習ったときに理解しやすい状況をつくります。

「小学生 国語」では、一般財団法人 日本書写技能検定協会が開催する硬筆書写検定試験を年3回受け、検定合格を目指します。

「小学生 しっかりコース」は、国語と算数どちらの授業も受けたい場合のための複合コースです。国語55分と算数45分の授業を続けて受講できます。

  • facebook
  • twitter
  • RSS